地方部会とは

 

会則

 

第1章 総  則

 

第1条 本地方部会は、社団法人日本耳鼻咽喉科学会福井県地方部会と称する。

 

2 本会は、事務所を地方部会長勤務先に置く。

第2章 構  成

 

第2条  本地方部会は、福井県内において就業又は在住する医師で、本地方部会の趣旨に賛同するものをもって構成する。

 

2 この地方部会の会員の種別は次ぎの通りとする
(1) 正会員  日本耳鼻咽喉科学会正会員
(2) 準会員  正会員を除く会員

第3章 目的及び事業

 

第3条 本地方部会は、日本耳鼻咽喉科学会と連絡を密にし、その運営に協力し、次ぎの事業を行う
(1)耳鼻咽喉科学に関する調査研究
(2)社会保険医療の調査研究
(3)学校保健、公衆衛生に関する地域社会活動
(4)研究会並びに講演会の開催
(5)関連諸団体への協力
(6)会員相互の親睦

第4章 会  員

 

第4条 本会員となるには、必ず部会長承認の上、所定の会費及び分担金を納めねばならない。
第5条 会員が住所、氏名を変更したときは、速やかに本会に届けねばならない。
第6条 会員は本会の行う研究会及び講演会に参加することができる。
第7条 会員は次の理由によって、その資格を喪失する。
(1)退会
(2)死亡
(3)除名
(4)本会の解散
第8条 会員が本会を退会しょうとする時は、理由を付して退会届を提出し、部会長の承認を経なければならない。
第9条 会員が次の各号の一に該当する時は、総会の議決を経て、部会長が勧告又は除名することができる。
(1)会員としての義務を怠ったとき。
(2)この地方部会の名誉を傷つけたとき。

第5章 役員、顧問及び職員

 

第10条 この地方部会に次の役員を置く。

部会長

1名

副部会長

1名

理事

若干名

監事

2名

運営委員

若干名

2 本会に顧問及び職員を置くことができる。
第11条 役員は本会総会において選出する。顧問は部会長が推薦し、役員会の承認を経てきめる。
第12条 部会長は本会を代表し、会務を総理する。
第13条 副部会長は部会長を補佐し、部会長に事故あるときは、部会長の職務を代行する。
第14条 理事は部会長の指名により決定し、会計、庶務を分掌し、監事は本会の業務および経理を監査し、運営委員は部会長の旨を受けて地方部会の運営に参与する。
第15条 役員の任期は2年とする。但し重任を妨げない。
2 任期が満了しても、後任者が選任されるまでは、その職務を行わねばならない。
第16条 役員に欠員が生じたときは、速やかに補充せねばならない。
2 補欠によって就任した役員の任期は、前任者の残任期間とする。
第17条 本会の事務を処理するため、書記その他の職員を置くことができる。
2 職員の任免は部会長が行う。
第18条 役員の改選は、改選される年の3月31日までに行う。

第6章 総  会

 

第19条 会議は総会、役員会及びその他、部会長が必要に応じて会を開催する。
第20条 定期総会は、毎年1回、臨時総会は必要ある場合、役員会の議を経て、部会長が召集し、その議長となる。
第21条 次の事項は通常総会に提出して、その議決をへねばならない。
(1)事業計画及び収支予算
(2)事業報告及び収支決算
(3)その他役員会において必要と認めた事項
第22条 総会の議決は会員の多数決による。可否同数の場合は、議長がこれを裁決する。
2 規則の変更は役員会において協議し、総会において会員の三分の二以上の同意を要する。
3 この規則外の事項は役員会において定め、次の総会に報告し、承認を求めるものとする。
第23条 総会の議事の要項及び議決した事項は全員に通知する。
第24条 次の事項は総会の議決を経ねばならない。
(1)収支予算及び決算
(2)本会の運営に関する事項
第25条 役員会は役員を以て組織し、部会長が之を召集しその議長となる。
2 顧問は役員会及び総会に出席し、意見を述べることができる。
第26条 次の事項は 役員会の議決を経ねばならない。
(1)総会の招集及び提案すべき事項
(2)その他重要な事項

第7章 会  計

 

第27条 本会の経費は会費、負担金及び寄付金、その他の収入を以て充てる。 
会費の額及び徴収方法は別に定めるものとする。
第28条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

付則
本会規則は昭和50年4月1日より発効する。

内規
本会の会費は、開業医、勤務医共同額とする。又、80才以上の会員は会費免除とし、病弱会員は減額又は免除することができる。本人の申出 により部会長がこれを決定し、総会の承認を得るものとする。本内規は昭和57年4月1日より発効する。